便秘はお腹ぽっこり、脚むくみの原因に!

むくみ、ぽっこりお腹に良い効果的なダイエットは?

むくみやぽっこりお腹が気になるけど、なにをやってもぽっこりお腹がなおらない。いろいろなダイエット方を試してみたけど自分にはちょっと合ってないみたい…。
毎日運動もちょっと苦手で、続かない。そんなお悩みを持つ方必見!
ぽっこりお腹になる原因が分かれば、効果的なダイエット方法も見つかります。
原因から考えるぽっこりお腹解消のダイエット方法のご紹介をします。

むくみやぽっこりお腹になってしまう原因は体質?

むくみやぽっこりお腹をつくってしまう最も多い4つの原因をみてみましょう。あなたはどの原因が当てはまりますか?

内臓脂肪

内臓脂肪は外側から触っても分かりませんがぽっこりお腹になってしまうのが特徴です。
正常な内臓脂肪は内臓を守るための役割があり、内臓の下垂を防ぐための支えになっています。ですが内臓脂肪が必要量より多く蓄積されることで生活習慣病のリスクを高めぽっこりお腹を作りだす原因にもなっています。
参考:http://www.otsuka.co.jp/health_illness/metabolic/02_04.html

便秘、腸内ガス

便秘気味で腸内にガスがたまりお腹が張ることでぽこりお腹の原因になっています。女性の場合はおならを我慢しなくていけないことも多く排出されないガスが腸内にたまり腸内環境が改善されずに便秘がおならなくなり、ぽっこりお腹がなおりにくくなってしまいます。

骨盤のゆがみ、内臓下垂

長時間、椅子に座っている仕事の人や座る時に足を組まないと座れなくなっている人は骨盤に負担がかかりゆがんでしまう原因になっています。骨盤がゆがむことで内臓が正しい位置にとどまることができずに下がってしまいぽっこりお腹の原因となってしまいます。

猫背

背中をまるめて猫背の姿勢を続けていると、腹筋が衰え助骨が下がりお腹のお肉が押し出されてしまいます。これがぽっこりお腹の原因になってしまいます。猫背が習慣になってしまっている人は、崩れてしまった姿勢を直すことが難しくぽっこりお腹を改善しづらくなってしまいます。

むくみやぽっこりお腹をつくる原因をなくしましょう

原因別に改善して行くことがぽっこりお腹をなくす近道になるかも?ダイエットがうまく行かない原因もここにあります。

内臓脂肪を落としてダイエットを効率的に

おへその周りのお腹を両手でつかみ、それでもお腹全体が出っ張っている人は内臓脂肪が多い可能性があります。少しの運動と、食事の内容を少しだけ意識することでつきすぎた内臓脂肪を落としていきましょう。
1日で摂取するカロリーを意識して、糖質、脂質を抑えましょう。冷えすぎた飲み物は急けて、温かいスープなどから食べるように心がけましょう。内臓を冷やさない食事内容を意識するだけで内臓脂肪の蓄積を防ぎ、運動を取り入れたダイエットにも効果が期待できます。
お風呂で温まりながらマッサージをしたり、少しの距離を歩くように行動を変えることで適度な運動になります。

便秘を改善して腸内環境を整えるとダイエット効果も高まります

腸内環境を改善することで便秘の根本的な原因を改善しましょう。腸内にたまったガスを抜くことでも腸の動きが活発になるので効果的です。運動にはガス抜きのポーズなどを取り入れて、消化のよい食べ物を取り入れるようにしましょう。腸内環境を整えてくれる天然素材のサプリメントなどもお勧めです。
乳酸菌サプリの通販サイトなどを調べてみると自分に合ったサプリを見つけやすいとおもいます。
ぽっこりお腹をなくし美味しく食べて、健康的なダイエットを成功させるには腸内環境の改善が最も重要です。

骨盤のゆがみ、内臓下垂の改善は諦めずに継続を意識しましょう

一度ゆがんでしまった骨盤を正常な位置に戻すには、1日、2日のストレッチだけでは改善されません。骨盤を正しい位置に留めておくためには足を組んで座ることをやめましょう。また、長時間座っていることが多い人は、骨盤をサポートするストッキングやガードルなどを使うと日常生活の中でも無理なく骨盤のゆがみを改善することができます。
骨盤矯正マッサージやエステなども効果的ですが、どの方法も長期間継続することが大切です。内臓を正しい位置に戻してぽっこりお腹を改善させましょう。

猫背をなおして、ぽっこりお腹をなくしましょう

まずは正しい姿勢で日々の生活を送ることを意識しましょう。長く猫背の癖が付いてしまっている人は、正しい姿勢をとるだけで筋肉痛になってしまいます。猫背のために腹筋が落ちているから腹筋運動をすれば良いかというと、そうではありません。猫背を改善せずに毎日腹筋運動をしても、目に見える効果はなく逆にバランスの悪い筋肉をつけてしまいダイエットが失敗してしまいます。ヒールをはいて正しい姿勢で歩くことを意識するだけで腹筋の運動にもなります。肩を開き背骨を真っ直ぐにすることをイメージして毎日少しずつ猫背の改善をしていきましょう。

むくみやぽっこりお腹に効果的なダイエット方法

ぽっこりお腹をつくってしまう4つの原因をみてきましたが、当てはまるものがありましたか?
このような原因に心当たりがある人は、流行のダイエット方法を試すよりもまずは原因を改善することがぽっこりお腹をなくす一番の近道になるかもしれません。
日頃の生活習慣の見直しや、少しの意識の違いで改善できるこの4つの原因はたくさんの運動をしても、食事制限をしてもまったく効果がなかったという理由の1つです。

さてさらに4つの原因のうち、女性に一番多い悩み、便秘についてもうすこし深く掘り下げてみます。

便秘になってしまう原因はなんだろう?

「便秘」とは1週間に2回以下の排便しかない状態といわれています。原因はさまざまで病気や先天性の腸の症状によってもおこってしまうこともあります。

多くの人が悩んでいる便秘には「機能性便秘」というものがあります。
ダイエットによる食生活の変化や生活環境の変化によるストレスなどで一時的に便秘の状態になることもあります。
長期的に続く便秘の場合には、大腸の機能異常が考えられます。弛緩性(しかんせい)便秘は腸の動きが悪くなり高齢者や妊娠経験者に多くみられます。一般的に多くの人がこの便秘の状態になります。
習慣性便秘は、正常な排便反射がおこらずに便が停滞してしまう状態です。長い時間便意があるのに我慢していることが多いとおこりやすくなる症状です。
痙攣性便利は大腸の動きが強すぎておこる便秘で睡眠不足やストレスによって腸が過剰反応をおこし痙攣した状態になってしまいます。この場合には食後の痛みを感じることがあります。

原因はさまざまですが、偏った食生活や睡眠不足、ストレス、長時間排便が行えない環境によっておこるものが多くみられます。
便秘の解消には原因を知り、取り除くことが一番効果的です。まずは自分がどのような原因で便秘になっているのかを探してみましょう。
便の停滞でおこってしまうのがぽっこりお腹です。ぽっこりお腹を解消するには便秘の解消をすることをお勧めします。

便秘を解消してぽっこりお腹も解消しよう

まず無理なダイエットや環境の変化などのストレスで一時的な便秘をおこしている場合には原因がなくなれば便秘も解消されます。
無理なダイエットで食事制限をすることで、栄養が偏ったり水分不足のために便秘がおこっている場合には食生活を見直す必要があります。一時的なストレスで便秘になってしまった場合にはできるだけストレスをため込まないよう気分転換などが必要です。

慢性的な機能性便秘の場合には、まず、腸内環境を整える生活リズムと食生活の改善がもっとも効果的です。
毎日規則正しい生活リズムを整え睡眠時間をしっかり取ります。
十分な水分をとり、食事の内容も栄養バランスの取れた食事に改善しましょう。とくに水溶性の食物繊維が含まれる野菜類、海藻類、きのこなどは善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれる働きがあります。
できるだけ朝食をとるような生活リズムをつくり、便意を感じたら我慢せずにトイレに行く習慣をもつようにしましょう。
適度に身体を動かして、身体の血行促進をしたり毎日軽い腹筋をしていくことで弱った筋力を刺激して直腸の動きが改善していきます。

便秘を解消していくと自然とぽっこりお腹も解消できたという人がとても多いようですね。便秘になりにくい身体を作るためには継続がとても大切です。積み重ねていくことで便秘になりにくい身体を作ることに繋がります。一時的に食物繊維を大量に摂取しても、便秘の根本的な解消にはなりません。
便秘をしないということはぽっこりお腹の原因がなくなるということです。
永遠にぽっこりお腹で悩まないからだは便秘にならない身体づくりから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>